ETFとはどんな金融商品?メリット、デメリットは?

トライオートETF

    ETFとはどんな金融商品?メリット、デメリットは?
    ETFとはどんな金融商品?メリット、デメリットは?

    投資をしない人でも投資信託を聞いたことがない、知らないという人はあまりいないと思いますが、ETFを聞いたことがない人は多くいます。

    ETFとはなんでしょうか?株式や投資信託とはなにが違うのでしょうか?

    【PR】トライオートETFの新規口座解説で10,000円がもらえるキャンペーン実施中です。達成条件のゆるいキャンペーンですので確実に10,000円をゲットしてください。

    トライオートETF

    ETFとは

    ETFは「Exchange Traded Fund」の略称で日本語訳にすると「上場投資信託」と呼ばれています。

    ETFは投資信託と異なり、証券取引所に上場されいつでも売買ができます。

    投資対象が幅広く、株式や債券などの主要な指数をはじめ金や原油などのコモディティまで日本国内のみならず世界中の多彩な資産に投資することができる金融商品です。

    投資信託は1日1回算出される基準価格で取引されますが、ETFは取引時間の中で売買によりリアルタイムで価格が変動します。

    ETFの代表的な商品としては、S&P500指数に連動し世界最大の純資産を保有するSPY、NASDAQ100(ナスダック100)指数に連動するQQQ、米国債券市場へ投資するAGG、新興国へ投資するVWO、もちろ日経平均に連動するETFもあります。

    ETFと投資信託の違い

    証券取引所でリアルタイムに売買ができるETFと近い存在の投資信託と手軽に分散投資するという点では一緒ですが、下記の点で差があります。

    投資信託と比較して一般的に信託報酬コストが低い

    リアルタイムで値動きするため狙った価格で売買できる

    インデックス投資をするなら投資信託よりもETF

    投資信託は、1日一回の基準価格で取引されるため相場を読む力が不要かつ、積立購入が可能なため初心者向けの金融商品といえます。

    一方、ETFは証券取引所でリアルタイムに売買されるため相場を読む必要があり、一般的には投資信託よりも上級者向けの商品といえます。

    ETFは株式のような売買の他にトライオートETFを介して自動売買をする方法があります。

    トライオートETFが、ETFの価格が上下する値動きの中で細かく自動的売買を繰り返すことで利益を積み上げ、価格差以上の利益が狙える金融商品です。

    トライオートETFをやるならナスダック100トリプル(TQQQ)分割直後の今!

    FXの自動売買サービスは多数ありますが、ETFの自動売買サービスはトライオートETFだけです。

    そして、ナスダック100トリプル(TQQQ)が分割した今がトライオートETFで利益を出しやすい状況にあります。詳しい解説は下記の記事でご確認ください。

    トライオートETFは、あなたが寝ている間も取引を継続し利益を積み上げてくれます。

    トライオートETF ナスダック100トリプル_ヘッジャー解説
    トライオートETFが利益を積み上げる仕組み(自動売買ロジックのヘッジャーの場合)

    不眠で働く心強い相棒を手に入れましょう。

    初めてのトライオートETFで取引する場合は、公式自動売買ロジック「ナスダック100トリプル_ヘッジャー」がオススメです。1口で運用すれば推奨証拠金も15万円程度とはじめやすく、細かく決済されるため一週間も運用すれば何度か決済が生まれているはずです。

    まずは、トライオートETFの公式自動売買ロジック「ナスダック100トリプル_ヘッジャー」で取引の流れを体験し、同時にトライオートETFの新規口座開設キャンペーンで10,000円ももらいましょう。

    新規口座開設キャンペーンは、10万円以上の入金と10口(もしくは10回)以上の取引が条件になっていますが、ナスダック100トリプル_ヘッジャーであれば一週間もすればクリアしているはずです。

    トライオートETF

    トライオートETF

    Posted by 管理者