NASDAQ100指数に連動するETFベストバイ

国内ETF

NASDAQ100指数に連動するETFベストバイ
NASDAQ100指数に連動するETFベストバイ

NASDAQ100指数に連動する人気米国ETFのQQQ(インベスコQQQトラスト・シリーズ1)は、2010年1月4日の初値$46.32から11年後の2020年12月31日に$312.87となりQQQ保有者の資産を約7倍に増やしました。

日本でQQQを購入するためには、海外株式用口座の開設し、購入資金のドル交換といった手間をかけ、分配金の受け取り時とQQQ売却時には米国と日本の二重源泉徴収という負担もあります。

一方、NASDAQ100指数に連動するETFは、2019年までは選択肢が一つしかありませんでしたが、2020年から「上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジなし」と「上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジあり」の二つのETFの運用が新たに始まり、今後、経費が下がることにも期待できます。

2021年は、安定して高いパフォーマンスが期待できるNASDAQ100指数に連動するETFが気軽に買えるよい時代になっています。

NASDAQ100指数に連動する3つのETF

NASDAQ100指数に連動するETFは3つあります。

3つのETFの中で一番運用期間が長い「NEXT FUNDS NASDAQ-100連動型上場投信」は2010年から運用されており、「上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジなし」と「上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジあり」は為替のヘッジ「あり」「なし」の違いです。

同じNASDAQ100指数に連動するETFでも同一期間の騰落率には差が出ていますし、信託報酬にも違いがあります。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

NASDAQ100指数に連動する3つのETF
比較項目 NEXT FUNDS NASDAQ-100連動型上場投信 上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジなし 上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジあり
証券コード 1545 2568 2569
運用開始日 2010年8月16日 2020年9月24日 2020年9月24日
ベンチマーク NASDAQ100指数(円換算ベース) NASDAQ100指数(円換算ベース) NASDAQ100指数(円建て、円ヘッジ)
為替ヘッジ なし なし あり
決算 年1回 年2回 年2回
純資産総額 31,880百万円 5,023百万円 10,254百万円
騰落率※1 8.31% 8.29% 9.53%
分配金 0.11%※2 0.11%※3 0.12%※4
販売単位※5 1口 10口 10口
購入手数料※5 0円 0円 0円
売却手数料※5 0円 0円 0円
信託報酬(税抜き) 0.45% 0.25% 0.25%
二重課税調整制度(外国税額控除) 対象 対象 対象
運用会社 野村アセットマネジメント 日興アセットマネジメント 日興アセットマネジメント

※1 「上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)」の運用が開始された2020年9月24日から2021年1月4日までの騰落率を算出しています。

※2 2020年8月10日の分配金135円(10口あたり)を同日の初値で割り1口あたりの分配金率を算出しました。

※3 2021年1月8日の分配金の1円30銭が同額で年2回分配されると仮定し、同日の初値で割り分配金率を算出しました。

※4 2021年1月8日の分配金の1円40銭が同額で年2回分配されると仮定し、同日の初値で割り分配金率を算出しました。

※5 SBI証券で購入する場合

詳細は、各ETCの公式ページ「NEXT FUNDS NASDAQ-100連動型上場投信」「上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジなし」「上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジあり」でご確認ください。

NASDAQ100指数連動のETFベストバイ

2021年1月時点でNASDAQ100指数連動のETFを購入するなら「上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジあり」を推奨します。

為替ヘッジなしの「上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジなし」よりも高い騰落率が今後も続くのか疑問がありますが、結果的に一番騰落率が高いのは「上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジあり」です。

為替のリスクがなく、騰落率が一番高く、「NEXT FUNDS NASDAQ-100連動型上場投信」よりも信託報酬が安いとなれば運用期間の実績はありませんがNASDAQ100指数連動のETFベストバイは「上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジあり」になります。

NASDAQ100指数連動のETFが買える証券会社

三大ネット証券でNASDAQ100指数連動の投資信託の取り扱い状況です。

どの証券会社を選んでも「NEXT FUNDS NASDAQ-100連動型上場投信」「上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジなし」「上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジあり」を購入することが可能です。

どの証券会社にするか迷う場合は、ネット証券シェアNo.1の「SBI証券」が間違いないです。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

NASDAQ100指数連動のETFが買える証券会社
証券会社 NEXT FUNDS NASDAQ-100連動型上場投信 上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジなし 上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジあり
SBI証券
楽天証券
マネックス証券

国内ETF

Posted by 管理者