【運用三週目】THEO(テオ)はマイナス拡大も来週に期待

2018年8月26日

高い人気を誇るロボアドバイザーのTHEO(テオ)の運用結果報告の三週目です。

前週の運用結果は、【運用二週目】THEO(テオ)マイナスからプラスにその後は・・・で確認できます。

ロボアドバイザーは本当に稼げるのか?に対する答えを身銭を切って検証してきますので、ロボアドバイザーや投資に興味がある人は参考にしてください。

THEO(テオ)続落して大幅マイナスに

二週目を-305円(-0.31%)とWealthNavi(ウェルスナビ)ひふみ投信と比較して一番良い結果を出したTHEO(テオ)ですが、三週目は大きく下げて最終値は-1,802円(-1.80%)と4桁マイナスに突入しました。

少し盛り返す場面はあったものの下落傾向が続いていますが、最後は上向きで終わったので来週からの上昇に期待です。

今週は、同じロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)が-572円(-0.57%)(【運用三週目】WealthNavi(ウェルスナビ)前週からプラス)なので、ロボアドバイザー勝負はWealthNavi(ウェルスナビ)の大勝です。

関連記事:【運用二週目】THEO(テオ)マイナスからプラスにその後は・・・

THEO(テオ)資産の内訳

現在の保有内訳は、グロース(株式中心の運用)49%、インカム(債権中心の運用)38%、インフレヘッジ(実物資産中心の運用)13%と先週から変化がありませんが、インカム(債権中心の運用)が好調に推移しているようです。

グロース(株式中心の運用)が-3.58%、インフレヘッジ(実物資産中心の運用)が-3.63%と大きく落としており、投資比率が大きいグロース(株式中心の運用)の数字が上がってこない限りプラスは難しそうです。

インカム(債権中心の運用)は唯一のプラスなので、来週もこの状態を維持してくれることを期待します。

関連記事:【運用二週目】THEO(テオ)マイナスからプラスにその後は・・・

四週目のTHEO(テオ)にはマイナス幅を減らすことを期待

残念な結果となってしまいましたが、日経平均株価の不調、トルコリラ急落もあって難しい市況なんだと思います。

プロでもマイナスを出すような局面で個人投資家がプラスを出すのは困難なので、テクノロジーの力を借りて乗り切れると個人投資家には有力な選択肢になります。

今なら「夏のボーナス入金キャンペーン」で最大5,000円のプレンゼントを実施中なので、利用を迷っている人は今がチャンスです。

関連記事:1万円から始められるおまかせ運用「THEO(テオ)」に口座開設