WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績は利回り+0.68%【5週目(2018年8月)】

資産運用WealthNavi(ウェルスナビ), ロボアドバイザー

WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績は利回り+0.68%【5週目(2018年8月)】

高い人気を誇るロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績報告の5週目(2018年8月31日)です。

前週のWealthNavi(ウェルスナビ)運用実績に興味のある方は、【運用四週目】WealthNavi(ウェルスナビ)黒字化、ほったらかしで資産が増加!で確認できます。

ロボアドバイザーは本当に稼げるのか?という疑問に対して、実際に投資をおこない運用実績を報告していますので、ロボアドバイザーやAI投資に興味がある方はリアルな実績として参考にしてください。

WealthNavi(ウェルスナビ)5週目の実績報告

前週はプラス295円(+0.30%)の運用実績で終えたWealthNavi(ウェルスナビ)ですが、5週目(2018年8月31日)終了時点の運用実績はプラス681円(+0.68%)となりました。

一時、プラス1,807円(+1.81%)まで上昇する場面がありましたが、その下げて最終的には前週からプラス386円の利益を上乗せしプラス681円(+0.68%)、WealthNavi(ウェルスナビ)は順調に資産を増やしてくれています。

同じタイミングで運用を開始したロボアドバイザーで競合するTHEO(テオ)はマイナス511円(-0.51%)と苦戦しており、WealthNavi(ウェルスナビ)のパフォーマンス良さが引き続き目立っています。
関連記事:THEO(テオ)運用実績は利回り-0.51%【5週目(2018年8月)】

WealthNavi(ウェルスナビ)のプラン設定

WealthNavi(ウェルスナビ)のプラン設定WealthNavi(ウェルスナビ)の運用目標は、投資した10万円を10年後に14万円、4万円のリターンを期待しています。

10年後に14万円にするためには年利で約3.5%の利息が必要ですが、WealthNavi(ウェルスナビ)に1%の手数料が取られることを考慮すると年利4.5%が目標となります。

金額と期間の目標を設定し、5段階に設定できるリスク許容度の下から二番目に設定した結果、10年後に70%の確率で11万円以上となり、50%の確率で14万円以上となり、30%の確率で17万円以上となるシミュレーションが出ています。

銀行の金利が期待できない中、年利3.5%は魅力的な数字です。

WealthNavi(ウェルスナビ)の資産内訳

WealthNavi(ウェルスナビ)の資産内訳

4週目との比較して、米国株(VTI)、日欧株(VEA)、新興国株(VWO)、金(GLD)、不動産(IYR)は前週比プラス、米国債権(AGG)、物価連動債(TIP)は前週比マイナスとなりました。

特に値動きが目立ったのは米国株(VTI)で、300円以上のプラスとなりました。

関連記事:【運用四週目】WealthNavi(ウェルスナビ)黒字化、ほったらかしで資産が増加!

WealthNavi(ウェルスナビ)の評価は◎

WealthNavi(ウェルスナビ)には、中長期で安定した資産運用を期待していますが、今のところ期待以上の投資実績が出ています。

WealthNavi(ウェルスナビ)だけでは大きなリターンを得ることは難しいですが、投資初心者の方、比較的安全な資産運用方法を探している方に最適な投資商品です。
また、分散投資先の一つに組み入れてリスクヘッジに向いているためすでに様々な投資実績をもっている方にもオススメです。

WealthNavi(ウェルスナビ)は、今なら1ヶ月分の手数料キャッシュバックするキャンペーンを実施しているので、ロボアドバイザー投資やAI投資に興味がある方は、今すぐWealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設をオススメします。
日々の小さな利益が積み重なり、5年後、10年後には大きな差になりますので、今すぐ動きましょう!

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)に口座開設して世界水準のロボアドバイザー投資をはじめる