WealthNavi(ウェルスナビ)に口座開設して世界水準のロボアドバイザー投資をはじめる

2018年9月9日

WealthNavi(ウェルスナビ) さあ、世界水準のロボアドバイザーをはじめよう。
WealthNavi(ウェルスナビ) さあ、世界水準のロボアドバイザーをはじめよう。

本当にWealthNavi(ウェルスナビ)は儲かるのか?

WealthNavi(ウェルスナビ)の利用者が公開している運用実績の記事をまとめた結果(記事:本当ロボアドバイザーは稼げるの?)、儲かるということが証明されたので、実際に自分でも資産を運用してみることにしました。

まずは、WealthNavi(ウェルスナビ)の最小運用金額である10万円を入金して様子をみたいと思います。

WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設

WealthNavi(ウェルスナビ)の口座をつくるためには、

・運転免許証 +通知カードまたはマイナンバーカード(個人番号カード)
・メールアドレス
・銀行の口座番号

が必要になります。
運転免許証」の代わりに「パスポート」、「通知カード」の代わりに「マイナンバー(個人番号)が記載された住民票の写し」を利用することも可能です。

口座開設手続きの中で、上記の本人確認書類の写真をアップロードすることになりますので、事前にスマホで撮影しておくことをオススメします。

WealthNavi(ウェルスナビ)口座開設に必要な本人確認書類
WealthNavi(ウェルスナビ)口座開設に必要な本人確認書類

「口座開設」ボタンをクリックするとメールアドレス登録する画面に遷移します。

WealthNavi(ウェルスナビ)口座開設用メールアドレス登録
WealthNavi(ウェルスナビ)口座開設用メールアドレス登録

入力したメールアドレス宛に4桁の「認証コード」が届くので、次の画面でパスワードと共に入力します。

WealthNavi(ウェルスナビ)口座開設 認証コードとパスワード入力
WealthNavi(ウェルスナビ)口座開設 認証コードとパスワード入力

条件に合ったパスワードを設定し、認証コードに間違いがなければ、お客様情報の登録画面に遷移します。

WealthNavi(ウェルスナビ)お客様情報登録
WealthNavi(ウェルスナビ)お客様情報登録

お客様情報の登録画面では、

電話番後
職業
投資経験の有無
銀行口座情報

を登録する必要があります。

お客様情報の登録画面に入力した内容に問題がなければ、本人確認書類として運転免許書等の写真をアップロードした後に利用規約に合意をすれば手続きが完了します。

WealthNavi(ウェルスナビ)の公式サイトには、最短3分と書かれていますが、本人確認書類と銀行口座の準備が整っていれば、その時間内で登録は可能です。

実際に口座が利用できるようになるには、WealthNavi(ウェルスナビ)による審査を経てとなるため、最短2営業日は必要になります。

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用レポートを公開

WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設後には、10万円入金し月末毎に運用レポートを公開していきます。

WealthNavi(ウェルスナビ)の公式サイトに書かれているように年率6.0%のリターンがあるのかを身をもって体験し、共有していきますので、乞うご期待ください!

WealthNavi(ウェルスナビ)に口座をつくる