【資産運用リアル実況三週目】ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)の秀逸さが際立つ

資産運用THEO(テオ), WealthNavi(ウェルスナビ), ひふみ投信, ロボアドバイザー

「ひふみ投信」「WealthNavi(ウェルスナビ)」「THEO(テオ)」にそれぞれに10万円を投資して、運用結果を比較する三週目の結果が出ました。

二週目に、ひふみ投信、WealthNavi(ウェルスナビ)、THEO(テオ)の全てがマイナスになりましたが、三週目も全てマイナスという結果になりました。

ひふみ投信、THEO(テオ)がマイナス幅を拡大させる一方、WealthNavi(ウェルスナビ)は前週比プラスに着地させ、優秀さが際立ちました。

合計30万円を投資して、三週目が終わった時点で-8,293円という結果となったので資産の2.77%を毀損したことになります。
WealthNavi(ウェルスナビ):-572円(-0.57%)
THEO(テオ):-1,802円(-1.80%)
ひふみ投信:-5,919円(-5.92%)
合計:-8,293円(-2.77%)

ひふみ投信とWealthNavi(ウェルスナビ)では、マイナス幅に10倍以上の開きが出ており、日経平均株価の停滞、トルコリラ急落と市況が良くない中でも大きく明暗が分かれました。

中長期的な資産形成を目的にしているためたった三週間で優越をつけることはできませんが、市況が悪い状況では、感情に左右されることがなく機械的に資産を運用できるロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)THEO(テオ)が優位かもしれません。

投資先ごとの詳細は、それぞれの運用レポートで確認してください。
WealthNavi(ウェルスナビ):【運用三週目】WealthNavi(ウェルスナビ)前週からプラス
THEO(テオ):【運用三週目】THEO(テオ)はマイナス拡大も来週に期待
ひふみ投信:【運用三週目】ひふみ投信はマイナスがさらに拡大

マイナス相場を含めて経験なので、マイナスを許容できる範囲の少額からリアルに投資を経験することをオススメします。

WealthNavi(ウェルスナビ)」に口座を開設
THEO(テオ)」に口座を開設
ひふみ投信」に口座を開設