「人」対「人工知能」の投資対決で勝つのはどっち?

2018年8月25日

2045年に人工知能が人を超えると言われています。

人工知能が人から仕事を奪うと頻繁に言われるようになりましたが、一部の仕事は既に人からコンピューターへの置き換えが発生していますが、すべての仕事がコンピューターに置き換わるのは、27年の先ということになりそうです。

27年が早いのか、遅いのか、人それぞれ違う感覚を持っていると思いますが、今、50代の人は逃げ切れますが、40代の人はギリギリ逃げ切れない可能性が高そうです。

40代を含むそれよりも若い世代は、確実に進む未来に向き合い、コンピューターにはない強みを見つけ、コンピューターと共存していく必要があります。

コンピューターや人工知能の活用が進んでいる投資の分野では、既に人を人工知能が凌駕しているのでしょうか?

WealthNavi(ウェルスナビ)やTHEO(テオ)に代表されるロボアドバイザーによる完全自動取引のサービスが登場し、世界中のあらゆる投資先から高度な知識を駆使し投資先と投資タイミングを決定し、人ができないような頻度の高い取引によりリスクを最小限に抑えつつ、最大限の投資効果を実現しています。
「WealthNavi(ウェルスナビ)」関連記事:
WealthNavi(ウェルスナビ)による新しい資産運用の考え方
WealthNavi(ウェルスナビ)に口座を開設し、世界水準のロボアドバイザーをはじめる
「THEO(テオ)」関連記事:1万円から始められるおまかせ運用「THEO(テオ)」に口座開設
関連記事:本当ロボアドバイザーは稼げるの?

もう投資の世界ではコンピューターに勝てないのでしょうか?

一方、過去10年で約5.2倍の運用実績を上げている「ひふみ投信」という投資信託があります。
「ひふみ投信」関連記事:「ひふみ投信」投資実績は半端ないって

過去10年と運用実績がそのまま続く保証はありませんが、「ひふみ投信」と前述のWealthNavi(ウェルスナビ)やTHEO(テオ)といったロボアドバイザーによる完全自動取引との最大の違いは、投資への人の介在です。

「ひふみ投信」では、経営者の人となり、会社ビジョン、現場の声など数字に表しづらい情報を分析する定性分析と数字で表現できる定量分析の両面から成長企業を発掘し、投資をおこない高い投資効果を上げています。

「人」が介在する「ひふみ投信」と「コンピューター」がすべてを握るロボアドバイザーサービスのどちらが高い投資効果を発揮するのか、実際に資金を入れて検証したいと思います。

投資効果の検証方法は、「ひふみ投信」「WealthNavi(ウェルスナビ)」「THEO(テオ)」それぞれに10万円を入金して、毎月の成果を測っていきます。

ここまで読んでくださったあなたも投資に興味を持っていると思いますので、一緒に始めてみませんか?

ひふみ投信公式サイト

ロボアドバイザー WealthNavi(ウェルスナビ)公式サイト

ロボアドバイザー THEO(テオ)公式サイト