リスクを最小化し利益を最大化するトライオートETF ピラミッド戦略

トライオートETF ピラミッド戦略

想定利回り40%超えでトライオートETFを運用していますが、運用の過程で発見したリスクを最小化し、利益を最大化する手法を「トライオートETF ピラミッド戦略」という形で公開しています。

【PR】トライオートETFの新規口座解説で10,000円がもらえるキャンペーン実施中です。達成条件のゆるいキャンペーンですので確実に10,000円をゲットしてください。

トライオートETF

トライオートETF最大のリスクはロスカット

トライオートETFのロスカットは、有効比率(有効証拠金額÷必要証拠金額×100)が100%以下になった時に、利用者の意思にかかわらず、すべての建玉を反対売買により自動決済されます。

トライオートETFの公式ホームページに分かりやすく図解されていますので引用します。

トライオートETFのロスカットルール

トライオートETFのロスカットルール

ロスカットにならないためには、有効証拠金をマイナスにする評価損と必要証拠金の額を抑えることが重要です。

必要証拠金は、ETFの取得価格のより金額が変わり、例えばETFの取得価格が110ドルの場合2,500円、80ドルの場合1,800円となります。

米国ETFに投資する場合は、円換算で必要証拠金が決まるため為替相場の影響を受けます。(上記は1ドル110円で計算)

高い株価でETFを購入した場合、必要証拠金は高くなり、前述した例ではたった800円と思うかもしれませんが、10口持っていれば8,000円、100口持っていれば80,000円と必要証拠金は積み上がっていきます。

また、評価損は高値で購入すれば下落余地は大きくなるなるため、少しでも安くETFを購入することが、必要証拠金を抑え、評価損の下落リスクを下げるという二つの面で有効になります。

ようするにできるだけ安く書いましょうということです。

ETF価格の高値圏では少量、下がったら購入量を増やす

必要証拠金と評価損のリスクを下げるために高値圏ではETFを買わずに、下がるまで待てば機会損失の可能性があります。

そこで、高値圏では少量を購入しトライオートETFの自動売買で小さく確実に利益を稼ぎ、下げれば購入量を増やす戦略が有効になります。

繰り返しになりますが、下で買えば必要証拠金は安くなり、ETFの下落余地も下がるため評価損のリスクも減少します。

ETFを110ドルで購入した場合と、90ドルで購入した場合の比較は下記になります。

ETF価格による必要証拠金と下落リスク

ETF価格による必要証拠金と下落リスク

 

同じ口数を購入した場合でも、高値で購入した場合と安値で購入した場合ではロスカットのリスクが変わってくるということです。

トライオートETFとは?稼げるのか? トライオートETFとは?稼げるのか?

下落に耐えて利益を最大化する

今まで書いてきたことは、安く買って高く売るという至極当たり前の話ですが、相場は読めないという前提で考えれば、それができれば苦労しないと言いたくなります。

トライオートETFで取引するTQQQは、値動きが大きく高値から30%以上下落することも珍しくありません。

下落から価格を戻す過程で、過去には5万円を超える利益を1日で稼いでくれました。

トライオートETFで利益を出すコツは下落に耐えて上昇を待つということになります。

トライオートETF ピラミッド戦略の設定内容

高値圏では少量を購入し、下落時に大きく購入するのがトライオートETFのピラミッド戦略の中身です。

トライオートETFのピラミッド戦略では、高値からの下落率で購入口数と利益幅を決めます。

トライオートETF ピラミッド戦略
購入価格 購入口数 利益幅
高値から-10% 1口 5ドル
-10%〜-25% 2口 5ドル
-25%〜-35% 3口 7ドル
-35%〜-40% 4口 10ドル

-40%を超えて下落した場合は無視して価格が戻ることを待ちます。

先ほどお見せした2018年以降のケースに当てはめると、2018年10月の-58.56%、2020年2月のコロナショック時の-72.45%がスルー対象になります。

加えて、高値から3ドル分は買わないというルールも入れてETF価格の下落リスクを極力回避します。

トライオートETFをはじめよう

FXの自動売買サービスは多数ありますが、ETFの自動売買サービスはトライオートETFだけです。

トライオートETFの始め方(口座開設を画面つきで解説) トライオートETFの始め方(口座開設を画面つきで解説)

その中でもTQQQ(ナスダック100トリプル)は値動きが激しいため価格のうねりで利益を取得していくトライオートETFとの相性は抜群です。

TQQQ(ナスダック100トリプル)が取引されている米国株式市場は、日本時間の夜から早朝ですので、トライオートETFは、あなたが寝ている間も取引を継続し利益を積み上げてくれます。

トライオートETFで不眠で働く心強い相棒を手に入れましょう。

トライオートETF ナスダック100トリプル_ヘッジャー解説

トライオートETFが利益を積み上げる仕組み(自動売買ロジックのヘッジャーの場合)

「トライオートETF ダイヤモンド戦略」のオススメしたいところですが、はじめてトライオートETFでは、公式自動売買ロジック「ナスダック100トリプル_ヘッジャー」がオススメです。1口で運用すれば推奨証拠金も15万円程度とはじめやすく、細かく決済されるため一週間も運用すれば何度か決済が生まれているはずです。

まずは、トライオートETFの公式自動売買ロジック「ナスダック100トリプル_ヘッジャー」で取引の流れを体験し、同時にトライオートETFの新規口座開設キャンペーンで10,000円ももらいましょう。

トライオートETFのナスダック100トリプル ヘッジャーの開始方法 トライオートETFのナスダック100トリプル ヘッジャーの開始方法

【PR】トライオートETFの新規口座開設キャンペーンは、10万円以上の入金と10口(もしくは10回)以上の取引が条件になっていますが、すぐに利用できる「ナスダック100トリプル_ヘッジャー」であれば一週間もすればクリアできます。

トライオートETF