SBI・バンガード・S&P500(正式名称:SBI・バンガード・S&P500 インデックス・ファンド)全期間の運用実績

投資信託(ファンド)

SBI・バンガード・S&P500(正式名称:SBI・バンガード・S&P500 インデックス・ファンド)全期間の運用実績
SBI・バンガード・S&P500(正式名称:SBI・バンガード・S&P500 インデックス・ファンド)全期間の運用実績

S&P500インデックスファンドとして人気のSBI・バンガード・S&P500の運用実績のまとめです。

2020年9月に第1期の決算が公開され、人気を分け合うeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)と楽天VTIより総経費率が低いことが分かり、この後人気さらに高まりそうです。

SBI・バンガード・S&P500全期間の運用実績

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

SBI・バンガード・S&P500全期間の運用実績
決算期 決算日 期末基準価格 暴落率 純資産総額 純資産総額増加率 分配金 総経費率(年率)
第1期 2020年9月14日 11,183円 11.8% 68,992百万円 0円 0.11%

SBI・バンガード・S&P500 第1期(決算日 2020年9月14日)

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

第1期 SBI・バンガード・S&P500運用実績
項目 楽天VTI
運用期間 2019年9月26日〜2020年9月14日
期首基準価格 10,000円
期末基準価格 11,183円
純資産総額 68,992百万円
暴落率 11.8%
分配金 0円
1万口当たりの信託報酬 0.062%
1万口当たりの販売委託手数料 0.000%
1万口当たりの有価証券取引税 0.000%
1万口当たりのその他費用 0.018%
1万口当たりの費用合計 0.080%
期中の平均基準価格 10,436円
当ファンド経費率 0.08%
投資先ファンド経費率 0.03%
総経費率(年率) 0.11%

SBI・バンガード・S&P500の取扱いネット証券会社

三大ネット証券でSBI・バンガード・S&P500の取り扱い状況です。

SBI証券とマネックス証券でSBI・バンガード・S&P500の購入が可能ですが、楽天証券でSBI・バンガード・S&P500を購入することはできません。

SBI・バンガード・S&P500の購入をする場合は、SBI証券もしくは、マネックス証券の口座開設が必要です。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

SBI・バンガード・S&P500の取扱い証券会社
証券会社 SBI・バンガード・S&P500取扱い
SBI証券
楽天証券 ×
マネックス証券

投資信託(ファンド)

Posted by 管理者