2022年10月31日週のトライオートETFによる不労所得は0円(94週目)

2022年10月31日週のトライオートETFによる不労所得は0円(94週目)

2022年10月31日週のトライオートETFによる不労所得は0円でした。

2022年10月末集計で月平均7.5万円(記事の最後に月別の不労収益グラフがあります)の不労所得をトライオートETFで稼いでいます。

トライオートETFは、ETFを対象とした自動売買の仕組みで一度設定した後は放置で自動的に利益を積み上げていきます。

そもそもトライオートETFが稼げるのか?という疑問をもたれた方は下記の記事で実力を確認してください。

トライオートETFとは?稼げるのか? トライオートETFとはどんなサービス?本当に稼げるの?

私の売買の中心は、TQQQ(ナスダック100トリプル)ですが、レバレッジ型銘柄の規制によりTQQQは新たな自動売買設定ができなくなったため、次の投資候補と考えているQQQ(ナスダック100)とXLK(テクノロジー株)も運用しています。

トライオートETFの収益率トップはテクノロジー株(XLK)、次点はナスダック100トリプル(TQQQ) トライオートETFの収益率トップはテクノロジー株(XLK)、次点はナスダック100トリプル(TQQQ)

では、トライオートETFの週次運用結果をご覧ください。

トライオートETF 94週目の不労所得

42週連続の利益ゼロ、評価損は先週比で941,143円増加してマイナス14,891,262万円となりました。

とにかく評価損が大きすぎて動けていませんが、インフレの鎮静化と戦争が早く終わることに期待です。

ロスカットをしないように資金管理を徹底し株価の上昇を待っている状態ですが、この反省を忘れずに株価回復後にはストレスのない売買設定に変更したいと思います。

1月14日の取引からTQQQが2分の1に分割されたことで証拠金も2分の1となり投資しやすい環境だっただけに、急落により何もできない日々が残念でなりません。

先週の結果は 2022年10月24日週のトライオートETFによる不労所得は0円(93週目)で確認できます。

トライオートETF94週目運用実績
・今週の利益額:0円
・実現損益:+1,814,168円
・評価損益:-14,891,262円
(前週比:-941,143円)
・損益:-13,277,220円
(前週比:-950,519円)

 

 

↓トライオートETF口座開設はこちらから↓

\今なら10,000円プレゼント実施中!/
トライオートETF

 

トライオートETFのQQQとXLK運用実績

トライオートETFで圧倒的な人気を誇っていたTQQQですが、2021年7月31日(土)からレバレッジ銘柄の売買制限のため新規の売買設定ができなくなってしまったので、TQQQに変わる投資先としてQQQとXLKも運用しています。

QQQ、XLKそれぞれの収支や設定などの詳細は、下記の記事から確認してください。

トライオートETFの「ナスダック100_30」運用実績【66週目】 トライオートETFの「ナスダック100_30」運用実績【66週目】 トライオートETFの「テクノロジー株_30」運用実績【66週目】 トライオートETFの「テクノロジー株_30」運用実績【66週目】

米国株は下落トレンドで、QQQ、XLKともにポジションの上限に設定している30口に到達していますので、今後、株価が上昇していく過程で利益が積み上がっていくことになります。

トライオートETFの初心者には投資額が少ない、変動幅が小さく、さらに高利回りの実績もあるXLKからはじめることをおすすめします。

XLKの実力は、トライオートETFの運用で実績を出している人たちが作った設定がそのまま使える「認定ビルダー」の自動売買設定と比較するとよくわかります。

トライオードETF認定ビルダー利回りランキング【2022年2月7日週】 トライオードETF認定ビルダー利回りランキング【2022年2月7日週】

トライオートETFの週間不労所得の推移

トライオートETFでは、確定した損益(実現損益)と評価損益の合計がその時点の損益となります。

計算式で表すと、「損益」=「実現損益」ー「評価損益」です。

週単位の不労所得は、下記のような結果となります。

2022年10月31日週のトライオートETFによる不労所得は0円(94週目)

2022年10月31日週のトライオートETFによる不労所得は0円(94週目)

トライオートETFは、ETF価格の下落でポジションを多く持つことになるため一時的に評価損が膨らみ7週目や37週目のように「実現損益」が大きくマイナスに振れますが、株価の上昇とともに決済が次々と発生し、評価損益もプラスとなり「実現損益」が激増しています。

トライオートETFの月間不労所得の推移

トライオートETFの月別の利益を一覧表にまとめました。

トライオートETFの月別不労所得
年月 実現損益 評価損益 損益 証拠金
2022年10月末 0円 -14,280,256円 -12,658,188円 1,431,200円
2022年9月末 0円 -14,318,097円 -12,654,274円 1,254,600円
2022年8月末 0円 -11,706,479円 -10,001,647円 1,586,800円
2022年7月末 0円 -10,052,033円 -8,300,837円 1,742,400円
2022年6月末 0円 -12,477,035円 -10,704,072円 1,401,200円
2022年5月末 0円 -9,822,806円 -8,033,638円 1,724,400円
2022年4月末 0円 -9,230,660円 -7,429,807円 1,880,000円
2022年3月末 0円 -4,333,896円 -2,520,165円 2,673,000円
2022年2月末 0円 -5,233,208円 -3,412,935円 2,179,200円
2022年1月末 326,313円 -3,440,914円 -1,611,585円 2,337,800円
2021年12月末 47,984円 -352,078円 16,775円 1,784,600円
2021年11月末 496,571円 -570,194円 -172,865円 1,677,000円
2021年10月末 262,998円 26,238円 87,406円 555,000円
2021年9月末 12,238円 -792,694円 546,450円 1,142,900円
2021年8月末 -71,948円 2,113円 660,734円 254,200円
2021年7月末 8,927円 -48,523円 758,000円 136,600円
2021年6月末 63,199円 0円 717,326円 0円
2021年5月末 132,814円 -33,272円 697,038円 223,100円
2021年4月末 174,833円 -15,314円 -85,477円 88,800円
2021年3月末 244,421円 -299,748円 995,326円 675,400円
2021年2月末 116,663円 -315,015円 894,317円 569,100円
2021年1月末 26,070円 -9,282円 1,162,692円 44,000円

月別の利益をグラフにすると下記のようになります。

2022年10月31日週のトライオートETFによる不労所得は0円(94週目)

2022年10月31日週のトライオートETFによる不労所得は0円(94週目)

赤の折れ線グラフは、利益の平均額を表しています。

2022年10月末時点で平均7.5万円の利益がありますが、グラフから読み取れるようにかなりの凸凹があることが分かります。

株価が下落したタイミングでポジションを確保し(仕込み時期)、株価の上昇により仕込んだポジションが決済される繰り返しで利益をあげていくため、タイミングによっては1ヶ月まるまる仕込みとなることもあれば、毎日にように利益が出ることもあります。

利益が生まれるイメージは、トライオートETFの公式サイドにも掲載されている下記の動画がわかりやすいです。

トライオートETF ナスダック100トリプル_ヘッジャー解説

トライオートETFが利益を積み上げる仕組み(自動売買ロジックのヘッジャーの場合)

トライオードETFは株価が上下することで細かい利益を積み上げるため一時的に評価損が膨らみますが、評価損が多ければ多いほどその戻りで大量の決済が発生し、大きな利益をもたらしてくれます。

トライオートETFの口座開設は10分程度で終わるので、サクッとやってしまいましょう。

トライオートETFの始め方(口座開設を画面つきで解説) 【口座開設10分】トライオートETFの始め方(口座開設を画面つきで解説)

 

 

↓トライオートETF口座開設はこちらから↓

\今なら10,000円プレゼント実施中!/
トライオートETF