【資産ポートフォリオ】2022年10月29日時点の投資運用資産は1,593.8万円

【資産ポートフォリオ】2022年10月29日時点の投資運用資産は1,593.8万円

2022年10月29日時点の投資運用資産は前週から40.6万円増加して1,593.8万円となりました。

投資運用資産の内訳は「米国株インデックス投資」936.5万円、「トライオートETF」567.3万円、「仮想通貨」89.9万円です。

投資資産比率の円グラフです。

【資産ポートフォリオ】2022年10月29日時点の投資運用資産は1,593.8万円

【資産ポートフォリオ】2022年10月29日時点の投資運用資産は1,593.8万円

インデックス投資

米国を中心としたインデックス投資の評価額は9,365,609円、利益は前週から61,373円増加して1,423,756円(利益率+17.93%)でした。

過去最大の利益は2022年8月3週の+198.1万円です。

米国株インデックス投資の詳細は別記事で公開中です。

インデックス投資による利益+142.3万円(利益率+17.93%)【2022年10月29日】 インデックス投資による利益+142.3万円(利益率+17.93%)【2022年10月29日】

トライオードETF

トライオートETFでNASDAQ100指数に3倍のレバレッジを掛けたTQQQとS&P500採用銘柄のテクノロジーセクターに投資するXLK、NASDAQ100指数に連動するQQQの3銘柄を運用しています。

今週の利益は0円。41週連続の利益ゼロです。

評価損は前週から332,482円改善してマイナス13,950,119円、評価損にこれまで利確した実現損益を足した損益は前週から323,181円改善してマイナス12,326,701円となりました。

トライオートETFの運用93週目の実績を別記事で公開中です。

2022年10月24日週のトライオートETFによる不労所得は0円(93週目) 2022年10月24日週のトライオートETFによる不労所得は0円(93週目)

通常の投資では評価損は単なるマイナスですが、トライオートETFの場合は下落でポジションを確保しそれが利益に変わります。(といっても評価損が大きすぎるので株価の上昇をひたすら待ちます😊)

過去最大の実現利益は2021年11月3週の+137.9万円です。

投資信託やETFなどに比べるとリスクが高い投資となりますが、リスクとリターンを天秤にかけた時に十分に勝負になると判断し、短期で投資原資を稼ぐために運用しています。

トライオートETFをよく知らない人は、下記の記事が参考になります。

トライオートETFとは?稼げるのか? トライオートETFとはどんなサービス?本当に稼げるの?

レバレッジ型銘柄の規制によりTQQQは新たな自動売買設定ができないため、QQQ(ナスダック100)とテクノロジー株(XLK)も運用しています。

トライオートETFの「ナスダック100_30」運用実績【66週目】 トライオートETFの「ナスダック100_30」運用実績【66週目】 トライオートETFの「テクノロジー株_30」運用実績【66週目】 トライオートETFの「テクノロジー株_30」運用実績【66週目】

テクノロジー株(XLK)は投資額を低く抑えることが可能で利回りも高いため人気が高いQQQ(ナスダック100)ではなくテクノロジー株(XLK)への投資がおすすめです。

QQQやXLKなど、トライオートETFで売買できる14銘柄の収益率を比較した記事です。

トライオートETFの収益率トップはテクノロジー株(XLK)、次点はナスダック100トリプル(TQQQ) トライオートETFの収益率トップはテクノロジー株(XLK)、次点はナスダック100トリプル(TQQQ)

 

 

↓トライオートETF口座開設はこちらから↓

\今なら10,000円プレゼント実施中!/
トライオートETF

 

仮想通貨

仮想通貨の損益は、前週から75,932円増加して14,651円(損益率-1.60%)の損失となりました。

一時は100万円を超えていた利益も大幅に減少し、投資は何が起こるかわからないことを実感しています。

だからこそ自分が納得できる投資先と金額で投資することが大切だと身をもって体験しています。

過去最大の利益は2021年11月2週の+100.8万円です。

仮想通貨投資978日目の実績を別記事で公開中です。

【ポートフォリオ公開】2022年10月22日時点の運用資産は1,547.8万円 【ポートフォリオ公開】2022年10月22日時点の運用資産は1,547.8万円

投資による運用資産まとめ

2022年10月29日時点の投資資産は15,938,702円、損益は前週から460,486円改善しマイナス10,917,596円でした。

過去最大の利益は2021年12月27日週の+347.9万円ですが、今は、米国株価の急落でトライオートETFの評価損が拡大が響き大きな損益が出ています。

大きな下落ですが米国株式に対する信頼は変わりませんので、生き残ることを最優先でこの局面を乗り切っていきます。

過去最大の利益は2021年12月5週の+347.9万円です。

前週の結果は下記から確認できます。

【ポートフォリオ公開】2022年10月22日時点の運用資産は1,547.8万円 【ポートフォリオ公開】2022年10月22日時点の運用資産は1,547.8万円

投資先別の損益は下記になります。

投資先別の損益まとめ
投資先 損益 前週比 利益率
米国株インデックス投資 +1,423,756円 +61,373円 +17.93%
トライオードETF -12,326,701円 +323,181円 -68.48%
仮想通貨 -14,651円 +75,932円 -1.60%
合計 -10,917,596円 +460,486円 -40.65%

記事内で利用しているサービスの公式サイトは、投資信託とETFはSBI証券、仮想通貨はコインチェックトライオートETF 、トラリピトライオートFXから移動できます。(リンク先は公式サイトになります)