【運用41週目】トラッキングトレードの実質利益は前週比-55,224円、通算-53,131円

トラッキングトレードトラッキングトレード, FX

【運用41週目】トラッキングトレードの実質利益は前週比-55,224円、通算-53,131円
【運用41週目】トラッキングトレードの実質利益は前週比-55,224円、通算-53,131円

2019年6月4日から運用をスタートさせたトラッキングトレードの実績を公開します。

投資資金は90万円です。
※トラッキングトレードのキャンペーンで2,000円のキャッシュバックを受け、口座残高が302,000円で運用を開始し、口座維持率が低下したため2019年6月18日に98,000円、2019年8月2日に100,000円、2019年8月5日に200,000円、2019年8月7日に200,000円を入金しています。

トラッキングトレードの運用は、トラッキングトレードを提供しているFXブロードネットの企画「トラッキングトレード 第8回ガチンコバトル(2019年6月3日〜2019年8月30日)」の「怠け者の楽々投資」と「チャーティスト先生」の2つを完コピしてスタートさせましたが、2019年8月2日に「チャーティスト先生」を参考に運用していたユーロ/円(EUR/JPY)を、2019年8月25日に「怠け者の楽々投資」を参考に運用していた豪ドル/円(AUD/JPY)を停止し、現在オリジナルの設定で運用をしています。

1回の取引で100円程度の利益を積み上げることで確実に資産を増やすトラッキングトレードの魅力を知ってもらうきっかけになればと思います。

FXブロードネットのトラッキングトレード口座開設

トラッキングトレード運用41週目の「全通貨」運用収支

トラッキングトレード運用41週目は、前週比で口座残高+4,705円、評価損益-59,929円、実質損益-55,224円となり、トラッキングトレード運用開始からの通算では、口座残高+123,104円、評価損益-176,235円となり、実質損益-53,131円となりました。

新型コロナウイルスショックの影響は拡大し、ついに実質損益はマイナスとなりました。

2020年3月6日(金)にスタートさせたユーロドル/円の売りトラッキングトレードは、値動きの激しさにリスクが取れなくなり2020年3月10日(火)に停止しました。(詳細は後述)

前週の結果に興味がある方は、下記の記事をご覧ください。
参考記事:【運用40週目】トラッキングトレードの実質利益は前週比-5,213円、通算+2,093円

トラッキングトレードは相場を読まずに決まった価格で機械的に購入するため、多くの場合は評価損(まれに評価益が発生することもあります)を抱えながらの運用になります。

よって、実質の損益を計算する際には、「トラッキングトレード口座残高(現金残高)」ー「投資額」+「評価損益」で計算する必要があります。

評価損益を無視して計算するとトラッキングトレードの口座残高は増えたけど、実際には利益が出ていないという現象も起こりえます。

要するに「トラッキングトレード」で稼いだ利益が「実質損益」です。

「口座残高」が増えていても「実質損益」がマイナスであれば「トラッキングトレード」で損が出ているということになります。

今週のトラッキングトレード口座状況をご覧ください。

【運用41週目】トラッキングトレードの実質利益は前週比-55,224円、通算-53,131円
【運用41週目】トラッキングトレードの実質利益は前週比-55,224円、通算-53,131円

今週の結果をまとめました。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

トラッキングトレード41週目の運用収支
比較項目 前週増減 今週(41週目) 前週
実質損益 -55,224円 -53,131円 +2,093円
決済損益 +3,147円 +6,962円 +3,815円
評価損益 -59,929円 -176,235円 -116,306円
投資金額 0円 900,000円 900,000円
口座資産 +4,705円 1,023,104円 1,018,399円
口座維持率 +51.53% 1,300.27% 1,248.74%
実行レバレッジ -0.08倍 1.93倍 2.01倍
新規売買回数 +71回 114回 43回
決済(利食い)回数 +79回 118回 39回
保有通貨ペア(ポジション) -4,000通貨 22,000通貨 26,000通貨

続いて、通貨ごとの運用収支を確認します。

豪ドル/円(AUD/JPY)の運用収支

今週の豪ドル/円(AUD/JPY)は、下げ止まらず大幅な下落となりました。

資金的に強制ロスカットされる可能性は低いので、上がってくるのを気長に待ちます。

トラッキングトレードの運用は停止しているため、利益が出たところから手動で決済する予定ですが、しばらくは難しそうです。

トラッキングトレード「豪ドル/円(AUD/JPY)」運用収支
比較項目 前週増減 今週 前週
実質損益 -62,510円 -85,828円 -23,318円
決済損益 0円 0円 0円
評価損益 -62,510円 -164,079円 -101,569円
売買手数料 0円 0円 0円
新規売買回数 0回 0回 0回
決済(利食い)回数 0回 0回 0回
保有通貨ペア(ポジション) 0通貨 19,000通貨 19,000通貨

豪ドル/円(AUD/JPY)のトラッキングトレード設定とチャート

想定変動幅400PIP、ポジション間隔12.1PIP、最大ポジション33の買いでトラッキングトレードを運用していましたが、2020年2月3日(月)に停止しました。

リーマンショック以来の円高水準となっており、明確なサポートラインがない状態ですが、強いて言えば次の節目は62円周辺、その先はリーマンショックの57円周辺が視野に入ってきます。
豪ドル/円(AUD/JPY)の日足チャート(ボリンジャーバンド付き)
豪ドル/円(AUD/JPY)の日足チャート(ボリンジャーバンド付き)

ユーロ/円(EUR/JPY)の運用収支

「ユーロ/円(EUR/JPY)買い」は、マイナススワップが気になるため運用を止めています。

トラッキングトレード「ユーロ/円(EUR/JPY)買い」運用収支
比較項目 前週増減 今週 前週
実質損益 +2,379円 +8,285円 +5,906円
決済損益 0円 0円 0円
評価損益 +2,379円 -12,156円 -14,535円
売買手数料 0円 0円 0円
新規売買回数 0回 0回 0回
決済(利食い)回数 0回 0回 0回
保有通貨ペア(ポジション) 0通貨 3,000通貨 3,000通貨

2020年3月6日(金)5時50分にスタートさせた「ユーロドル/円売り」トラッキングトレードは、値動きが激しく100円の利益を積み上げても想定と反対方向に動けば一気に利益が吹き飛ぶ状況のため2020年3月10日(火)7時16分に停止しました。

トータルの決済益は10,777円でしたが、この利益を上げるために6,280円の手数料が掛かっており、利益に対する手数料の割合は58.2%。

これではリスクに対するリターンが少なすぎるので戦略を見直します。

トラッキングトレード「ユーロ/円(EUR/JPY)売り」運用収支
比較項目 前週増減 今週 前週
実質損益 +2,521円 +4,497円 +1,976円
決済損益 +3,147円 +6,962円 +3,815円
評価損益 +199円 0円 -199円
売買手数料 +3,000円 4,640円 1,640円
新規売買回数 +71回 114回 43回
決済(利食い)回数 +79回 118回 39回
保有通貨ペア(ポジション) -4,000通貨 0通貨 4,000通貨

ユーロ/円(EUR/JPY)のチャート

値動きが激しすぎるためしばらく静観します。

ユーロ/円(EUR/JPY)の日足チャート(ボリンジャーバンド付き)
ユーロ/円(EUR/JPY)の日足チャート(ボリンジャーバンド付き)

トラッキングトレードをはじめよう!

FXに興味があるものの知識に自信が無いという方、FXの裁量トレードにに疲れた方は、「トラッキングトレード ガチンコバトル」の売買設定ルールを完コピしてFXデビューすることをオススメします。

FXブロードネットのトラッキングトレード口座開設

FXのメリットには、

少額から始められる

24時間売買できる

売りから入れる

がありますが、同時にFXは難しい、FXは危険というイメージがあります。

投資である以上、リスクはゼロにはなりませんが、設定した売買ルールに従って、システムが24時間、自動で取引をしてくれるためチャンスを逃さず、相場が乱高下しても感情に惑わされず取引できるトラッキングトレードで、FXのイメージは大きく変わるでしょう。

しかも今ならトラッキングトレードの売買設定ルールを完コピできます!

決済毎の利益は小さいですが、日々の積み重ねが5年後、10年後には大きな差になります。

未来はどうなるかわかりませんが、テクノロジーの力を借りて資産を増やしましょう。

FXブロードネットのトラッキングトレード口座開設