【運用60週目】トラリピの実質利益は前週比+11,548円、通算-18,054円

トラリピトラリピ, FX

【運用60週目】トラリピの実質利益は前週比+11,548円、通算-18,054円
【運用60週目】トラリピの実質利益は前週比+11,548円、通算-18,054円

60万円を元手に2018年12月24日からトラリピを運用しています。
※30万円でスタートしましたが、2019年1月3日の豪ドル/円急落に伴い10万円、2019年8月7日に維持率低下に伴い20万円を追加しています。

投資ですので良いときもあれば悪いときもあると思いますが、損失が出ているときも含め、すべての結果を包み隠さず晒しますので、トラリピの評価に迷っている方にとってはじめるキッカケもしくは、反面教師になればと思います。

未来が誰にも読めない以上、投資に戦略があるとすれば誰よりも早く始めることです。
この記事をきっかけに投資に始める人が少しでも増えると嬉しいです。

トラリピをはじめた経緯は、「30万円でトラリピはじめました」で書きましたので、興味があればお読みください。

トラリピ60週目の運用パフォーマンス

トラリピ運用60週目の前週比は、口座残高+703円、評価損益+10,845円、実質損益+11,548円となり、トラリピ運用開始からの通算では、口座残高+81,668円、評価損益-99,722円、実質損益-18,054円という結果になりました。

今週は、決済が1本発生したものの大きな動きはなく、評価損が減少したことで実質損益が黒字化に一歩近づきました。

トラリピは、仕組みの性質上、評価損が発生する傾向が強く、多くの場合は評価損(まれに評価益が発生することもあります)を抱えながらの運用になりますが、強制ロスカットされたら負け確定です。

実質の損益を計算する際には、「トラリピ口座残高(現金残高)」ー「投資額」+「評価損益」で計算する必要があります。

評価損益を無視して計算するとトラリピの口座残高は増えたけど、実際には利益が出ていないという現象も起こりえます。

「学歴社会からのドロップアウト」では、全てのポジションを決済した場合、利益が出ているのか損益が出ているのかをわかりやすくするの目的で「実質損益」の額を公開しています。

要するに「トラリピ」で稼いだ利益が「実質損益」です。

「実質損益」がマイナスであれば「トラリピ」で損が出ているということになります。

今週のトラリピ口座状況をご覧ください。

【運用60週目】トラリピの実質利益は前週比+11,548円、通算-18,054円
【運用60週目】トラリピの実質利益は前週比+11,548円、通算-18,054円

前週の結果に興味がある方は下記の記事をご覧ください。
参考記事:【運用59週目】トラリピの実質利益は前週比+19,172円、通算-29,602円

今週の結果をまとめました。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

トラリピ60週目の運用収支
比較項目 前週増減 今週(60週目) 前週
投資金額 0円 600,000円 600,000円
維持率 +30% 626% 596%
実質レバレッジ -0.21倍 3.99倍 4.20倍
口座残高 +703円 681,668円 680,965円
評価損益 +10,845円 -99,722円 -110,567円
実質損益 +11,548円 -18,054円 -29,602円
決済件数 -2本 1本 3本
決済損益 -2,437円 +703円 +3,140円
必要証拠金 -2,840円 92,840円 95,680円

注文設定通貨別のパフォーマンス

【運用60週目】トラリピの実質利益は前週比+11,548円、通算-18,054円
【運用60週目】トラリピの実質利益は前週比+11,548円、通算-18,054円

注文設定をしている豪ドル/円、NZドル/米ドルそれぞれの通貨別のパフォーマンスを確認していきます。

豪ドル/円のパフォーマンス

評価損は減少しましたが決済が発生するほど大きな動きではなく、落ち着いた一週間になりました。

保有通貨は、19,000通貨から変わっていません。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

トラリピ60週目の豪ドル/円の運用収支
比較項目 前週増減 今週(60週目) 前週
保有通貨(ボジション) 0通貨 19,000通貨 19,000通貨
決済件数 -2本 0本 2本
決済損益 -2,440円 0円 +2,440円
評価損益 +7,326円 -62,137円 -69,463円
実質損益 +7,326円 -4,160円 -11,486円

NZドル/米ドルのパフォーマンス

マイナススワップが発生する取引はトラリピには合わないことが分かったので、現在トラリピ設定は停止しています。

今週は売買がなく、保有通貨は6,000通貨のままです。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

トラリピ60週目のNZドル/米ドルの運用収支
比較項目 前週増減 今週(60週目) 前週
保有通貨(ボジション) 0通貨 6,000通貨 6,000通貨
決済件数 0本 0本 0本
決済損益 0円 0円 0円
評価損益 +1,761円 -32,936円 -34,697円
実質損益 +1,761円 -16,775円 -18,536円

加ドル/円のパフォーマンス

2019年10月21日に加ドル/円のトラリピを開始しています。

今週の加ドル/円は、評価損が減少し決済も1本発生したことで実質利益が増えています。

保有通貨は、1,000通貨減少し6,000通貨となりました。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

トラリピ60週目の加ドル/円の運用収支
比較項目 前週増減 今週(17週目) 前週
保有通貨(ボジション) -1,000通貨 6,000通貨 7,000通貨
決済件数 0本 1本 1本
決済損益 +3円 703円 700円
評価損益 +1,758円 -4,649円 -6,407円
実質損益 +2,461円 +3,843円 +1,382円

豪ドル/円、NZドル/米ドル、加ドル/円の値動き

トラリピの運用を開始した2018年12月24からの豪ドル/円とNZドル/米ドル、2019年10月21日から運用を開始した加ドル/円の値動きです。

豪ドル/円の週足チャート

2008年5月からの豪ドル/円の週足チャートです。

設定している買いトラリピの範囲内に収まっているため、引き続きこの設定まま運用を継続します。

豪ドル/円 週足チャート(トラリピ運用レンジ、移動平均線付き)
豪ドル/円 週足チャート(トラリピ運用レンジ、移動平均線付き)

NZドル/米ドルの週足チャート

2008年5月からのNZドル/米ドルの週足チャートです。
※マイナススワップが発生する取引はトラリピと相性が悪いという結論から運用を停止しているためトラリピのレンジ表示はありません。

保有分の最高値0.69200米ドルに到達するまで放置です。

NZドル/米ドル 週足チャート(トラリピ運用レンジ、移動平均線付き)
NZドル/米ドル 週足チャート(トラリピ運用レンジ、移動平均線付き)

加ドル/円の週足チャート

2008年5月からの加ドル/円の週足チャートです。(加ドル/円のトラリピ開始は2019年10月21日)

買いレンジ内に納まっていますので、現在のトラリピ設定のまま継続します。

加ドル/円 週足チャート(トラリピ運用レンジ、移動平均線付き)
加ドル/円 週足チャート(トラリピ運用レンジ、移動平均線付き)

トラリピの口座を開設する

現在のトラリピ設定

現在のトラリピ注文設定は、人気ブログ「不労所得でセミリタイアを目指す30代のブログ」の鈴さんが企画する「(設定公開)【鈴と一緒に運用しよう】トラリピで月20万円稼ぐ鈴が12月24日から30万円で運用を始めます」に乗っかって設定したものです。
経緯等の詳細に興味があれば下記の記事を参照してください。
関連記事:30万円でトラリピはじめました

オリジナルは30万円の運用ですが、ロスカットのリスクを考慮して60万円で運用しています。

豪ドル/円を取引する場合

買い→売り注文と売り→買い注文の2つの設定が必要です。

予算として最低でも20万円を用意しましょう。
20万円以下でも設定は可能ですが、ロスカットされて損が確定される可能性が高くなります。

関連記事1:トラリピ設定 豪ドル/円の買い→売りイフダン
関連記事2:トラリピ設定 豪ドル/円の売り→買いイフダン

NZドル/米ドルを取引する場合

豪ドル/円と同様に、買い→売り注文と売り→買い注文の2つの設定が必要です。

豪ドル/円の20万円は用意できない場合は、NZドル/米ドルだけをやるという方法もあります。

予算として10万円用意してください。
10万円以下でも設定は可能ですが、ロスカットされて損が確定される可能性が高くなります。

関連記事1:トラリピ設定 NZドル/米ドルの買い→売りイフダン
関連記事2:トラリピ設定 NZドル/米ドルの売り→買いイフダン

トラリピでFXをはじめよう!

FXに興味のある初心者、裁量トレードに疲れた方は、設定さえすればほったらかしで24時間不眠で働いてくれるトラリピがオススメです。

トラリピの口座を開設する

トラリピはジャンルとしてはFX取引ですが、「FXは難しい!」と思っているあなたは、トラリピを使うことでFXへの印象が大きく変わると思います。

FXのメリットには、

少額から始められる

24時間売買できる

売りから入れる

がありますが、同時にFXは難しい、FXは危険というイメージがあります。

FXが投資である以上リスクゼロにはなりませんが、トラリピであれば

自分のタイミングで相場を見ることができない

相場の動向を気にしたくない

といった制約や要望をお持ちの方でもFXのメリットを享受し、リスクを抑えつつ資産を増やせる可能性が高まります。

トラリピ1回あたりの利益は少額ですが、日々の小さな利益が積み重なり、5年後、10年後には大きな差になりますので、未来を見据えた投資をしていきましょう。

未来はどうなるかわかりませんが、テクノロジーの力を借りてお金を運用する未来は確定です。

進んでいる人はもう始めています。
乗り遅れないように、実体験を通じて投資の感覚を養いましょう。

トラリピトラリピ, FX

Posted by 管理者