【運用3週目】トラッキングトレードの実質利益は-5,669円

2019年6月29日

【運用3週目】トラッキングトレードの実質利益は-5,669円
【運用3週目】トラッキングトレードの実質利益は-5,669円

2019年6月4日から運用をスタートさせたトラッキングトレードの実績を公開します。

投資資金は40万円です。
※トラッキングトレードのキャンペーンで2,000円のキャッシュバックを受け、口座残高が302,000円で運用を開始しました。
※口座維持率が230%程度まで下がったため2019年6月18日に98,000円を入金しました。

トラッキングトレードの売買設定は、トラッキングトレードを提供しているFXブロードネットの企画「トラッキングトレード ガチンコバトル」の「怠け者の楽々投資」と「チャーティスト先生」の2つを完コピしています。

将来的にはオリジナルのトラッキングトレード設定に変更する可能性もありますが、「トラッキングトレード ガチンコバトル」企画期間中の3ヶ月は完コピする予定ですので、企画の検証にも使ってください。

金融庁の金融審議会 市場ワーキング・グループが2020年6月3日に公開した「高齢社会における資産形成・管理」という報告書では、

夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職の世帯では毎月の不足額の平均は約5万円であり、まだ20~30年の人生があるとすれば、不足額の総額は単純計算で 1,300万円~2,000万円になる。

引用元「金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」

と書かれています。

2,000万円の資産を残すとなると労働収入だけではなく、資産運用の必要性は待ったなしです。

本当に報告書通りになるか分かりませんが、未来が誰にも読めない以上、資産運用に戦略があるとすれば誰よりも早く始めることです。

この記事がきっかけとなり投資に始める人が少しでも増えると嬉しいです。

FXブロードネットのトラッキングトレード口座開設

トラッキングトレード3週目の「全通貨」運用収支

トラッキングトレード運用3週目の前週比は、口座残高+5,851円、評価損益-28円、実質損益+5,823円という結果となり、トラッキングトレード運用開始からの通算では、口座残高+9,836円、評価損益-15,505円、実質損益-5,669円となりました。

前週の結果に興味がある方は、下記の記事をご覧ください。
参考記事:【運用2週目】トラッキングトレードの実質利益は-11,492円

まだ運用開始から3週間ということで評価損が大きく、実質の利益が出てない状況です。

「トラッキングトレード ガチンコバトル」の「怠け者の楽々投資」と「チャーティスト先生」の2つの設定を完コピして運用中ですが、本来必要とされている投資額60万円に対して、30万円で運用していたため口座維持率が危険水域まで低下したため98,000円を入金し40万円としました。

まだリスク高めなので、口座維持率が下がるようであれば追加で入金します。

トラッキングトレードは相場を読まずに決まった価格で機械的に購入するため、多くの場合は評価損(まれに評価益が発生することもあります)を抱えながらの運用になります。

よって、実質の損益を計算する際には、「トラッキングトレード口座残高(現金残高)」ー「投資額」+「評価損益」で計算する必要があります。

評価損益を無視して計算するとトラッキングトレードの口座残高は増えたけど、実際には利益が出ていないという現象も起こりえます。

要するに「トラッキングトレード」で稼いだ利益が「実質損益」です。

「口座残高」が増えていても「実質損益」がマイナスであれば「トラッキングトレード」で損が出ているということになります。

今週のトラッキングトレード口座状況をご覧ください。

【運用3週目】トラッキングトレードの実質利益は-5,669円
【運用3週目】トラッキングトレードの実質利益は-5,669円

今週の結果をまとめました。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

トラッキングトレード3週目の運用収支
比較項目 前週増減 今週(3週目) 前週
実質損益 +5,823円 -5,669円 -11,492円
投資金額 +98,000円 400,000円 302,000円
口座維持率 +182.21% 506.98% 324.77%
実行レバレッジ -2.76倍 4.94倍 7.7倍
口座資産 +103,851円 409,836円 305,985円
評価損益 -28円 -15,505円 -15,477円
新規売買回数 +14回 47回 33回
決済(利食い)回数 +31回 43回 12回
保有通貨ペア(ポジション) -2,000通貨 21,000通貨 23,000通貨

続いて、通貨ごとの運用収支を確認します。

トラッキングトレード3週目の「豪ドル/円(AUD/JPY)」運用収支

買いと決済がほぼ同数となり効率よくトレードすることができています。

トラッキングトレード3週目の「豪ドル/円(AUD/JPY)」運用収支
比較項目 今週(3週目)
実質損益 -5,793円
決済損益 +1,706円
評価損益 -10,861円
新規売買回数 15回
決済(利食い)回数 14回
保有通貨ペア(ポジション) 13,000通貨

トラッキングトレード3週目の「ユーロ/円(EUR/JPY)」運用収支

評価損を上回る決済利益が出ています。

売買回数も非常に多く、完璧といえる一週間になったと思います。

トラッキングトレード3週目の「ユーロ/円(EUR/JPY)」運用収支
比較項目 今週(3週目)
実質損益 +124円
決済損益 +4,157円
評価損益 -4,644円
新規売買回数 32回
決済(利食い)回数 29回
保有通貨ペア(ポジション) 8,000通貨

現在のトラッキングトレード設定

トラッキングトレードの売買設定は、トラッキングトレードを提供しているFXブロードネット公式サイトの企画「トラッキングトレード ガチンコバトル」の「怠け者の楽々投資」と「チャーティスト先生」を完コピして運用をスタートしています。

トラッキングトレード設定 豪ドル/円(AUD/JPY)

想定変動幅に収まっているため設定の変更はありません。

トラッキングトレード設定 豪ドル/円(AUD/JPY)
通貨ペア AUD/JPY(豪ドル/円)
想定変動幅 600.0PIP
ポジション方向
対象資産 300,000円
ポジション間隔 12.2PIP
最大ポジション数 49

豪ドル/円(AUD/JPY)の日足チャートです。

豪ドル/円(AUD/JPY)の日足チャート
豪ドル/円(AUD/JPY)の日足チャート

トラッキングトレード設定 ユーロ/円(EUR/JPY)

想定変動幅に収まっているため設定の変更はありません。

トラッキングトレード設定 ユーロ/円(EUR/JPY)
通貨ペア EUR/JPY(ユーロ/円)
想定変動幅 390.0PIP
ポジション方向
対象資産 210,000円
ポジション間隔 13.0PIP
最大ポジション数 30

ユーロ/円(EUR/JPY)の日足チャートです。

ユーロ/円(EUR/JPY)の日足チャート
ユーロ/円(EUR/JPY)の日足チャート

売買設定の背景・解説は、トラッキングトレードを提供しているFXブロードネット公式サイトに掲載されていますので、興味のある方は確認してください。

FXブロードネットのトラッキングトレード公式サイト

完コピでトラッキングトレードをはじめよう!

FXに興味があるものの知識に自信が無いという方、FXの裁量トレードにに疲れた方は、「トラッキングトレード ガチンコバトル」の売買設定ルールを完コピしてFXデビューすることをオススメします。

FXブロードネットのトラッキングトレード口座開設

FXのメリットには、

少額から始められる

24時間売買できる

売りから入れる

がありますが、同時にFXは難しい、FXは危険というイメージがあります。

投資である以上、リスクはゼロにはなりませんが、設定した売買ルールに従って、システムが24時間、自動で取引をしてくれるためチャンスを逃さず、相場が乱高下しても感情に惑わされず取引できるトラッキングトレードで、FXのイメージは大きく変わるでしょう。

しかも今ならトラッキングトレードの売買設定ルールを完コピできます!

決済毎の利益は小さいですが、日々の積み重ねが5年後、10年後には大きな差になります。

未来はどうなるかわかりませんが、テクノロジーの力を借りて資産を増やしましょう。

FXブロードネットのトラッキングトレード口座開設