FX自動売買サービス比較【2019年4月版】

2019年4月29日

FX自動売買は、為替相場が一定の範囲で上下に動くという特性を活かして、小さな利益を積み上げていく投資手法です。

FX自動売買サービス比較【2019年4月版】
FX自動売買サービス比較【2019年4月版】

「自動売買」という言葉の通り、通貨の売買は、自動もしくは半自動で実施されるため、常に相場を見ることができないサラリーマンや主婦といった非専業トレーダにオススメのFX取引です。

FXには一か八かのギャンブル的なイメージがつきまといますが、FX自動売買サービスは売りと買いをセットで同時注文し、少額の利益を積み上げるという投資手法で、一般的にイメージされているFXと比べてリスクを抑えた投資が可能です。

このため人生の一発逆転を狙った大きな利益を出すことはできませんし、元本が保証されるタイプの投資ではありませんが、設定次第で年率換算で10%〜20%の利益をほったらかしで出せる可能性があります。

FX自動売買サービスの先駆けとなったマネースクエア「トラリピ」の成功以降、FXブローネット「トラッキングトレード」、アイネット証券「ループイフダン」、ひまわり証券「ループ・イフダン」、インヴァスト証券「トライオートFX」、外為オンライン「iサイクル2取引」、外為オンラインからライセンス供与を受けているライブスター証券「iサイクル2取引」が登場し、サービスの改善、コストの低下というメリットがもたらされている半面、サービスが増えた結果、初心者から見ると違いが分かりづらく、選べないという状態が発生しています。

各FX自動売買サービスのホームページを見ればFX口座の開設に必要な情報を得ることができますが、

・各種手数料や取扱い通貨ペア等の情報がFX自動売買サービスに対するものなのか、裁量トレードに対するものなのか区別がつかない

・スプレット、取扱い通貨ペア等のFX自動売買サービス間の比較できない

といった問題があります。

このページでは、主要なFX自動売買サービスの違いを比較することを目的とし、あなたの投資目的に見合うFX自動売買サービスを探すお手伝いをします。

FX自動売買サービスの歴史

FX自動売買サービスの元祖となる「トラリピ」の成功以降、各社が様々なFX自動売買サービスを提供しています。

各FX自動売買サービスは、サービス開始後も利用者の利益を最大化させるために様々な改善を繰り返しています。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

FX自動売買サービスの歴史
FX自動売買
サービス名
サービス開始時期
トラリピ 2011年8月
アイネット証券
ループイフダン
2013年10月
※2018年2月から新システムのループイフダンを開始
ひまわり証券
ループ・イフダン
2018年1月
トラッキング
トレード
サービス開始時期は不明
トライオートFX 2014年3月
iサイクル2取引 2019年3月
※前バージョンの「iサイクル注文」のサービス開始時期は不明

「ループイフダン(ループ・イフダン)」は、ISホールディングに属するアイネット証券とひまわり証券が2社が提供しており、取扱い通貨ペアに違いがあります。

FX自動売買サービスの人気は?

FX自動売買サービスを比較するときに気になる人気をみるために、サービス名をGoogle検索した際に何件の情報が表示されるのか調べてみました。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

FX自動売買サービス名のGoogle掲載件数 ※2019年4月11日時点
FX自動売買
サービス名
Google
検索結果件数
トラリピ 824,000件
ループイフダン 302,000件
ループ・イフダン 314,000件
トラッキングトレード 401,000件
トライオートFX 2,710,000件
iサイクル2取引 7,160,000件

サービス提供期間が長い「トラリピ」が圧倒するかと思いきや「iサイクル取引」というキーワードで一番多くの情報が提供されているようです。

Googleの検索には関連する情報も表示されることを考えると「iサイクル取引」に含まれる「取引」、「トライオートFX」に含まれる「FX」というキーワードが強いのかもしれません。

続いてGoogleトレンドで過去1年の人気をみてみましょう。

トラリピがループイフダンが二強という感じですが、直近ではループイフダンに勢いがあります。
※自動的に過去1年の人気がグラフ化されるためコメントと異なる結果が表示される可能性がありますが、グラフが正しい人気を反映しています。

FX自動売買サービスどのくらい興味を持たれているかGoogleの検索ボリュームをGoogle広告のキーワードプランナーというツールで調べグラフ化してみました。

自動売買サービスの検索ボリュームは?
FX自動売買サービスのGoogle検索ボリュームは?

約1年くらいから検索ボリュームが増えており、FX自動売買サービスに興味を持つ方が増えてきているのがグラフからよくわかります。

FX自動売買サービスの口座開設・維持費用は?

FX自動売買サービスは、利用するために必要となるFX口座の開設とその口座の維持には費用が掛かりません。

FX自動売買サービスの利用は、FX口座を開設した後に管理画面を見てから考えても遅くはありません、FX口座を開設することで投資へのイメージは鮮明になると思います。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

FX自動売買サービスの口座開設・維持費用は?
FX自動売買
サービス名
口座開設
費用
口座維持
費用
トラリピ 無料 無料
アイネット証券
ループイフダン
無料 無料
ひまわり証券
ループ・イフダン
無料 無料
トラッキングトレード 無料 無料
トライオートFX 無料 無料
iサイクル2取引 無料 無料

FX自動売買サービスの入出金手数料は?

クイック入金、即時入金サービスというように名称は異なりますが、入金手数料が無料になる仕組みが全てのFX自動売買サービスで提供されています。

クイック入金サービス以外の入金には手数料が掛かりますので、対応している銀行口座を準備することがオススメします。

個人的なオススメは、最低でも月1回(最大15回)の振込手数料と月2回(最大15回)の引出し手数料が無料のSBI住信SBIネット銀行です。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

FX自動売買サービスの入出金手数料は?
FX自動売買
サービス名
入金手数料 出金手数料
トラリピ クイック入金:無料
クイック入金以外の入金:利用者負担
無料
アイネット証券
ループイフダン
クイック入金:無料
クイック入金以外の入金:利用者負担
無料
ひまわり証券
ループ・イフダン
クイック入金:無料
クイック入金以外の入金:利用者負担
無料
トラッキング
トレード
クイック入金:無料
クイック入金以外の入金:利用者負担
無料
トライオートFX 即時入金サービス入金:無料
即時入金サービス以外の入金:手利用者負担
無料
iサイクル2取引 クイック入金:無料
クイック入金以外の入金:利用者負担
無料

FX自動売買サービスの取引手数料は?

FX自動売買サービスを使って取引する際に手数料が掛かるサービスと無料のサービスがあります。

一概に手数料が発生するFX自動売買サービスがダメというわけではありませんが、利益を減らす要素となりますので、手数料も加味してFX自動化サービスを選ぶ必要があります。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

FX自動売買サービスの取引手数料は?
FX自動売買
サービス名
取引手数料
トラリピ 無料
アイネット証券
ループイフダン
無料
ひまわり証券
ループ・イフダン
無料
トラッキング
トレード
10,000通貨あたり片道200円
トライオートFX マニュアル注文:無料
自動売買注文:1回の取引数量が1万通貨未満の場合、1,000通貨あたり片道20円
※1回の取引数量が増えると手数料は割安になります
iサイクル2取引 1,000通貨あたり片道20円
※南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は10,000通貨あたり

FX自動売買サービスのスプレットは?

スプレットとは、通貨を買う時と売る時の差額になります。

利用者にとっては手数料であり、FX会社にとっては利益となります。

同じ通貨でもFX自動売買サービス毎にスプレットの額が異なります。

当然、安い方が利益を出しやすくなりますので、FX自動売買サービスの内容と合わせて比較しましょう。

同じ通貨ペアでもFX自動売買サービスが異なるだけで、スプレットに10倍の差が生じる場合もあります。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

FX自動売買サービスのスプレットは?
トラリピ
(変動)
アイネット証券
ループイフダン
(原則固定)
ひまわり証券
ループ・イフダン
(原則固定)
トラッキング
トレード
(原則固定)
トライオートFX
(原則固定)
iサイクル2取引
(原則固定)
米ドル/円
(USD/JPY)
3銭 2銭 2銭 0.3銭 0.3銭 1銭
ユーロ/円
(EUR/JPY)
5銭 3銭 3銭 0.5銭 0.5銭 2銭
ユーロ/米ドル
(EUR/USD)
3pip 2pip 2pip 0.3pip 0.3pip 1pip
豪ドル/円
(AUD/JPY)
6銭 4銭 4銭 0.6銭 0.6銭 3銭
豪ドル/米ドル
(AUD/USD)
3pip 4pip 5pip 1.9pip 1.4pip 2pip
NZドル/円
(NZD/JPY)
3銭 6銭 7銭 1.3銭 1.7銭 6銭
NZドル/米ドル
(NZD/USD)
2pip 6pip 6pip 2.7pip 2pip 6pip
カナダドル/円
(CAD/JPY)
5銭 5銭 7銭 4.8銭 1.9銭 5銭
英ポンド/円
(GBP/JPY)
6銭 5銭 5銭 1.5銭 1銭 3銭
トルコリラ/円
(TRY/JPY)
4銭 7銭 × × 5.5銭 6銭
南アフリカランド/円
(ZAR/JPY)
3銭 7銭 7銭 16.4銭 1.8銭 15銭
スイスフラン/円
(CHF/JPY)
× 4銭 6銭 3.8銭 2銭 5銭
英ポンド/米ドル
(GBP/USD)
× × 8pip 2.6pip 1.4pip 3pip
米ドル/カナダドル
(USD/CAD)
× × 8pip 3.9pip × 6pip
米ドル/スイスフラン
(USD/CHF)
× × 5pip 2.8pip 2pip 4pip
ユーロ/英ポンド
(EUR/GBP)
× × 4pip 2.9pip 1.9pip 4pip
ユーロ/豪ドル
(EUR/AUD)
× × 6pip 6.8pip 2pip 8pip
ユーロ/NZドル
(EUR/NZD)
× × 11pip 8.2pip × 12pip
ユーロ/カナダドル
(EUR/CAD)
× × 10pip 4.9pip × 7pip
ユーロ/スイスフラン
(EUR/CHF)
× × 4pip 2.8pip × 6pip
英ポンド/豪ドル
(GBP/AUD)
× × 10pip 7.6pip × 9pip
英ポンド/NZドル
(GBP/NZD)
× × 24pip 12.1pip × 17pip
英ポンド/スイスフラン
(GBP/CHF)
× × 7pip 6.3pip × 10pip
豪ドル/NZドル
(AUD/NZD)
× 6pip 12pip 7.1pip 5.8pip 10pip
豪ドル/スイスフラン
(AUD/CHF)
× × 8pip 3.7pip × 6pip
メキシコペソ/円
(MXN/JPY)
× 7銭 × × × 6銭

FX自動売買サービスの取引可能通貨は?

取引可能通貨ペアは、FX自動売買サービス毎に異なります。

比較する6つのFX自動売買サービスの全てで取引可能な通貨は、米ドル/円(USD/JPY)、ユーロ/円(EUR/JPY)、ユーロ/米ドル(EUR/USD)、豪ドル/円(AUD/JPY)、英ポンド/円(GBP/JPY)です。

一番取引可能通貨ペアが少ないFX自動売買サービスは、トラリピの11通貨、一番多いトラッキングトレードでは24通貨です。

取引したい通貨ペアが決まっている場合は、FX口座を開設をする前に確認しましょう。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

FX自動売買サービスの取引可能通貨は?
トラリピ アイネット証券
ループイフダン
ひまわり証券
ループ・イフダン
トラッキング
トレード
トライオートFX iサイクル2取引
米ドル/円
(USD/JPY)
ユーロ/円
(EUR/JPY)
ユーロ/米ドル
(EUR/USD)
豪ドル/円
(AUD/JPY)
豪ドル/米ドル
(AUD/USD)
NZドル/円
(NZD/JPY)
NZドル/米ドル
(NZD/USD)
カナダドル/円
(CAD/JPY)
英ポンド/円
(GBP/JPY)
トルコリラ/円
(TRY/JPY)
× ×
南アフリカランド/円
(ZAR/JPY)
スイスフラン/円
(CHF/JPY)
×
英ポンド/米ドル
(GBP/USD)
× ×
米ドル/カナダドル
(USD/CAD)
× × ×
米ドル/スイスフラン
(USD/CHF)
× ×
ユーロ/英ポンド
(EUR/GBP)
× ×
ユーロ/豪ドル
(EUR/AUD)
× ×
ユーロ/NZドル
(EUR/NZD)
× × ×
ユーロ/カナダドル
(EUR/CAD)
× × ×
ユーロ/スイスフラン
(EUR/CHF)
× × ×
英ポンド/豪ドル
(GBP/AUD)
× × ×
英ポンド/NZドル
(GBP/NZD)
× × ×
英ポンド/スイスフラン
(GBP/CHF)
× × ×
豪ドル/NZドル
(AUD/NZD)
×
豪ドル/スイスフラン
(AUD/CHF)
× × ×
メキシコペソ/円
(MXN/JPY)
× × × ×

まとめ

6つのFX自動販売サービスの比較はどうだったでしょうか?

この1年でFX自動売買サービスへの認知度はグッとあがりました。

FX自動売買は、数ある投資の中でもリスクを抑え年率10%〜20%の利益をコンスタントに稼げる可能性をもつ投資手法です。

しかも、投資の初心者でも利益がでている売買設定をそのまま真似すれば、再現できるとなれば注目されるのも必然だと思います。

成功している売買設定を真似したとしても過去の成功が未来を約束してくれるわけではありませんが、不確定な要素が多い投資に道しるべとなり、勝てる可能性を高めてくれるでしょう。

私もトラリピの運用をしているので興味があれば、リアルな運用実績をご覧ください。

【運用17週目】トラリピの実質利益は前週比-6,523円で通算+17,317円

Posted by 管理者