IPO(新規公開株)は、ほぼノーリスクでハイリターンを実現

IPO(新規公開株)SBI証券

過去記事「2018年上半期のIPO(新規公開株)の振り返り」でIPO(新規公開株)への投資パフォーマンスの高さが分かりましたので、後は新規公開株を手に入れるだけです。

が、しかし、これだけ高い投資パフォーマンスですから、欲しいと思う人は山ほどいます。

確実に新規公開株を手に入れる方法はありませんが、新規公開株の配分の仕組みを理解することで新規公開株を手に入れる確率を高める方法があります。

新規公開株は、主幹事の証券会社と幹事の証券会社に配分された後に、証券会社から個人に配分されます。

配分方法は大きく2つあり、所有する資産状況等を鑑みて証券会社側の意向を反映した配分、いわゆるお得意様への配分と完全抽選方法による配分です。

資産が潤沢にある人は証券会社の担当者に「資産を他の証券会社に移動するよ」と脅せばあっさりともらえると思います。(笑)

ただ、ほとんどの人が潤沢な資産を盾に強気の要求はできないと思いますので、私を含めて庶民は完全抽選の配分を狙いましょう。

完全抽選で配分される新規公開株は、大手証券会社の場合、自社で割当分の10%だと考えてください。多くはありませんが、チャンスはあるので資金に余裕がある人は複数の証券会社に口座をつくることをオススメします。

分散させるほどの資金がない場合は、SBI証券がオススメです。

自社の割当分の50%が完全抽選になります。大手証券会社の5倍確保されていますので、当選確率はグッと上がります、

SBI証券で口座開設

マネックス証券で口座開設

銀行に入れてもほとんど利息はつかないわけですから、SBI証券に預けてIPO抽選に参加した方が未来は明るいと思います!

IPO(新規公開株)SBI証券

Posted by 管理者